不動産売買仲介歴2年で独立開業した社長のログ

社会人歴=不動産売買仲介業歴2年で独立開業しました。2014年の開業時36歳です。

3.11.

東日本大震災から今日で6年。

この6年長かったか、短かったかっていうと、短かった。

あっという間だったけど6年前ははるか真に感じる。

いろいろあったな。

 

6年前の3月11日の僕は、パチンコ屋のアルバイトでした。

司法試験に10年くらい落ちて、したいことも別になく、だからといって仕事を探すこともしてなくて。

でもお金はないから、パチンコ屋のバイトはしてました。

たぶん月の収入はこのパチンコ屋の13万円くらいのアルバイト代だけ。

 

地震があった2011年3月11日は、パチンコ屋のホールで玉を運びながら、店内のモニターで流れてた地震のニュースをぼんやり眺めてた記憶はあります。

 そのとき、33歳、パチンコ屋アルバイト。

 

 

あれから6年。

 

そのあとパチンコ屋のバイトはすぐやめて、なりゆきで不動産営業マン(売買の)になりました。

2年間働いて、退社後半年して開業、それから2年半経ってます。

 

なんだかんだで会社をやれているのも、その前の2年間不動産営業マンをしていたのもたまたまが続いてラッキーだと思っているけど、しんどいこともたくさんあって。

 

 

このブログに書いていただくコメントを読むと、勘違いしている人もいて。

めっちゃ簡単に儲かっているじゃないか

とか

僕がもともとすごくて、できる人じなんじゃないか

とか。

 

ぜんぜんそんなことないです(笑)。

そのへんにいる、今年40歳のふつうの人です。

 ふつうの人が、しんどいのをひたすらアタマとカラダをつかって(ときには人のをつかって)、乗り越えてきただけです。

 

 

6年間でこんなに変わるのか、ていうくらい環境は変わるっていうのを書きたくて。

やるかやらないか、考えてるか考えないか、ただそれだけ。

 

 

30歳すぎまでフリーター(働いたことなかった)僕がやっていけてるので、絶対あなたにもできる。

 

毎年3月11日はパチンコ屋でアルバイトをしてたことを思いだしています。

がんばります。