不動産売買仲介歴2年で独立開業した社長のログ

社会人歴=不動産売買仲介業歴2年で独立開業しました。2014年の開業時36歳です。

やりたいことがあるならやるしかない

もしいま不動産業で独立したいと思っているなら、もう独立するしかない。

 

不動産業界歴が長い・短い、不動産業界にいない、そんなことは関係なくて。

思ってしまったのなら仕方ない。

遅かれ早かれ独立するのが一番だと思う。

 

家族がいたり、失敗できない年齢だったり、そもそも独立する能力・自信がなかったり、人それぞれ抱えている悩みがあると思うけど、そんなのみんな同じ。

 

万全を期して独立する人なんて、まあいないです。

これは不動産業界じゃなくても同じだと思う。

起業する・独立開業てどの業界も悩みは同じだと思う。

 

 

お金がなくても独立できる。

もちろんやり方は考えないといけないけど。

僕の独立時のお金は250万円。

いま思えばやり方をもっと考えたらよかったと思うけど、準備期間が足りなくて、金融公庫などの公的機関からの借り入れができなかった。

でも何とかなったし、何とかなってます。

 

 

売買・賃貸など不動産業界的な経験がなくても独立できる。

不動産業界歴の長い人に比べると、不利かもしれないけど、こんなの考え方だと思う。

僕が前回書いた記事で、いまの業務内容を書いたけど、大手の不動産仲介会社出身者が独立しても同じことはしないと思う。

いやできないと思う。

たぶん発想すらできないと思う。

 

 

 

「いや、たまたまでしょ。」って思っていると思うけど、そう、たまたま。

たまたまいまも会社が続けていけてるだけ。

ほんとに。

 

そのたまたまが続くように、日々不動産業をしているだけ。

 

考えてほしいけど、30歳半ばまで働いたことなくて、売買仲介の地場の不動産屋で2年働いて、そのあとぎりぎりのお金で独立開業して、2年半会社してるってたまたま以外の何物でもないでしょ。

 

僕にできているだから(えらそうに書いてるけど、会社なんていつどうなるかわからん)、あなたにも絶対にできると思う。

ただ、「自分にはできないかも」て思ってる人にはできないと思う。

 

僕は「絶対にできる」と思ってた。

「たぶんなんとかなる」て思ってた。

「あかんかったらまたどっかに雇ってもらおう」て思ってた。

 

 

気がついたら不動産屋として独立してました。

なんてことは絶対にないのだから、したいことがあるのなら自分で実現するしかない。

実現できるのは、自分だけにかかっているのだから。