不動産売買仲介歴2年で独立開業した社長のログ

社会人歴=不動産売買仲介業歴2年で独立開業しました。2014年の開業時36歳です。

コメントありがとうございます その2

初めまして。 私も不動産業に興味がありブログを拝見させていただきました。 質問がありコメントさせていただきます。

私は現在28歳で、不動産とは全く関係ない仕事をしているのですが、何年か前から不動産業に興味があり昨年独学で宅建を取りました。

これから不動産会社に転職し、のちのちは独立したいと考えているのですが最初に入るとしたらどのような不動産会社がいいのでしょうか?

例えば賃貸なのか売買なのか、また東建や大東建託みたいなところなのか悩んでおります。

お時間があればお答え頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

 

コメントありがとうございます。

遅くなり申し訳ありません。

 

背景がわかりませんが、いただいたコメントの情報から書きます。

僕の一方的な意見ですが、参考になれば嬉しいです。

 

僕は「どうしたいか」から逆算しますが、今回は業界外から未経験で「現段階では賃貸か売買か決まっていないが将来独立したい」なので、ここから考えます。

 

事情をお聞きして、僕なら、大手不動産仲介会社へ就職します。

 

お住まいの地域がわかりませんが、ここでいう大手不動産会社とは、

 

 

です。

賃貸ではなく、売買仲介へ就職します。

 

 

以下理由です。

 

  • 大手不動産仲介会社は、宅建主任者であれば未経験でも30歳までは採用してもらえる可能性がある
  • 大手不動産仲介会社でなら、売却・購入のどちらも経験できる
  • 比較的属性のいいお客さんが多い
  • 契約の手続き・書類が最高レベルにしっかりしている
  • 不動産調査の重要性が学べる
  • 運がよければ、めちゃくちゃ売ってる営業マンを間近で見ることができる
  • とはいえ80%くらいはどうしようもない営業マンなので、こんな人でもやっていけてる、と思うことができる
  • 会社・営業所によっては、入社後いきなりは成績を求められない
  • センチュリー21加盟店の軍隊のような売買仲介会社、大東建託の軍隊ような不動産会社はいつでも入れます
  • 売買→賃貸、売買→管理などは比較的移りやすいけど、賃貸→売買、管理→売買は移りにくい

 

 

このあたりが理由です。

 

大手不動産仲介会社の人事に知り合いがいますが、30歳までなら宅建主任者の資格があれば、30歳くらいまでは採用すると言っていました。

 

どの大手に行くかは、できる限り面接を受けて自分の直感を信じて何か感じた会社へ行くのがいいと思います。

 

できる限り経験を積める会社、できる限り独立してもノウハウを幅広く経験できる会社、となると大手で売買仲介からはじめるのがおすすめです。

もちろんデメリットもありますが、そんなのよりも大きいメリットがあると思います。

 

えらそうにすみません。

34歳までフリーターで不動産業界未経験だった僕がなんとかなりました。

 

がんばってください。

僕もがんばります。 

僕と同じことは誰にもできないと思う

えらそうなことを言いたいわけではまったくなくて。

相変わらずかんたんに儲かっていると思われているので。

(そして別にそんなに儲かってないです)

 

僕がしていることは、僕の強みを自分で分析して(他人に分析してもらって)、自分が勝てるフィールドを探して、自分で考えて、自分で実行して、自分で利益を出す方法を模索し続けているから。

だから、誰も僕の真似はできないし、僕も他の人の真似はできない。

しないけど。

 

「〇〇(僕の名前)だからできたんでしょ」ていう人も的外れ。

僕は、僕ができることをしているだけ。

 

自分では努力と思ってないけど、他の不動産屋がしていないことを確実にしている。

その自信はある。

10億円の収益物件を即決で買う社長、普通にしていて出会える??って話。

お客さんを紹介してくれて、仲介手数料のほとんどをくれるリノベーション屋さんて、普通にしていて出会える??って話。

 

いまの自分が何ができるか、何ができないか、それをいつも考えてるだけ。

普段僕の周りにいて付き合っている人たちです。

この半年で出会った人もいるし、中学の同級生もいます。

不動産関係の人はほとんど、業界に入ったこの4年半で出会った人たち。

それぞれ複数人いる。

年下もいるし、60歳くらいの人もいる。

この人たちがいるから、僕一人しかいない会社でいろんなことができるし、その都度チームを組んで進めてる。

自分でするべきじゃないことは、お金を払って外注。

時間とカロリーは有限ですし。  

 

僕が普段付き合ってる人たち

・弁護士

・税理士

公認会計士

司法書士

・引越し業者

・ブローカー

・走り屋

・先輩不動産会社社長

・大手仲介会社の営業マン

・元大手仲介会社店長・エスクロー

・実家の賃貸仲介不動産屋を継いだ元後輩

・損害保険の代理店の営業マン

・ウェブディレクター

・デザイナー

・ウェブコンサル

・その他ウェブ関係の人たち

・リフォーム業者

・リノベーション業者

・パチンコ屋社長

 

もっといるかも。

これだけいたら何とかなりそうでしょう。

 

 

この数年チラシを撒いてないし(facebook広告で家売ったことあります。両手でした)、ポータルサイトにも物件掲載していない。

でもこの3連休ではじめましてのエンドに3組会いました。

やればできると思う。

みんなやってないだけ。

そもそも不動産屋は考えない、実行しない、データを取らない、すぐに楽しようとする、だから僕みたいなのでも食べていける業界だと思う。

  

 

 

もう一度書くと、「僕だからできた」んではなくて、「僕は僕だけができることをしている」だけ。

僕にもできてるとしたら、あなたにもかならずできると思う。

 

自分がいま持っているカードを自分で分析して、自分が勝てるフィールドを探して、自分で考えて、自分で実行して、自分で利益を出す方法を模索し続けているかどうか。

 

たぶんそれだけです。