不動産売買仲介歴2年で独立開業した社長のログ

社会人歴=不動産売買仲介業歴2年で独立開業しました。2014年の開業時36歳です。

サービスの拡大

思うところありまして、いまのサービスを拡大することにしました。

 

会社を大きくすることは創業時からまったく考えてなかったけど(人数的に)、サービスは拡大の方向で考えてみたいとここ最近は思うようになりました。

 

時間は無限にないこと。

明日があたり前にくるのはあたり前じゃないこと。

 

が理由です。

 

 

そして、どうしても一人社長の会社では限界が来ており、8月からあたらしく1人うちの会社に加わります。


「まさか、人を雇用するとは!」


な感じですが、明らかに僕よりも生命力があって、不動産能力が高いので、そんな人が僕の会社に来てくれるのは、つくづく僕はラッキーだと思ってます。

 

そして、もう一人を口説き中。

この人の能力も会社にほしい。

 

現在僕の会社は、社長の僕ひとりですが、いま会社でしている業務(主なふたつ)については、チームを組んでプロジェクトとして行っています。

 

拡大を考えているサービスの、いまのチームの各メンバー(僕以外)は本当に優秀すぎるのですが、そのメンバーを前に「革命起こします」と言い切ってしまいました。

 

やるしかない状況ですが、基本的に楽観的なのでうまくいく(はず)と思いこんで日々過ごし中。

 

 

 

 

プロフィールの画像を変えてみました。

 

毎日心がけている社長像

この仕事をしていると、人に好かれて損はない。

得しかない。

 

でも僕から人を好きになることはほとんどなくて(ほんとにない)、だからこそ自分が「いいな」と思った人から好かれたい。

連絡取りたいし、また会いたい。

ご飯食べに行きたい。

年齢・性別・業種・役職とかまったく関係なく。

 

 

好かれて損はないのと、いいなと僕が思った人に好かれたいので、毎日心がけていることがあります。

心がけている社長像、というか。

 

それはこの3つ。

 

1 いつも機嫌がいい

2 話がおもしろい

3 金払いがいい

 

これ。

 

1 いつも機嫌がいい

 

すべてはこれに尽きる。

 

いつもニコニコしてて機嫌がいい人が嫌われることはないと思ってる。

怒りに対しての感情の起伏がないというか。

僕はいつも自分の機嫌を取るようにしているし、機嫌がよくなる行動パターンを取ってる。

 

ニコニコしている社長が好きだ、僕は。

 

 

2 話がおもしろい

 

もちろん芸人さん的な面白さではなくて、仕事の内容・事業の内容(構想も含め)が面白いかどうか。

知らないことを知るのは、もちろん面白いけど、「なんでそんなこと思いつくんですか(しかも行動もしていたら最高)」な人に会いたい。話したい。

 

ちなみに、不動産屋の話はだいたいしょうもない。

 

 

3 金払い(金離れ)がいい

 

バブってる的な感じでなくて、支払い方がスマートというか。

 

僕は会いたい人には、自分から誘うけど、年下でも年上でも自分から誘ったら、かかった費用は全部僕が払う。

その人の時間をチャージしている感覚なので。

だいたい、最初はランチが多いので、そんなに掛からないし。

 

僕がご飯代を払うので、店も僕が決める。

予算も心配してもらわなくてもいいし。

 

あとは、紹介してもらったらお礼をするとか(商品券とか)、おみやげ渡すとか。

 

スマートにお金を遣う人が好きだ。

 

 

 

僕は、こんな人(社長)が好きなので、このイメージを自分に投影して、イメージして、心がけて毎日過ごしてる。